お名前.comでスマホからドメイン取得すると、更新とwhois情報公開代行の自動更新を強制されるかのような画面遷移になります。共にお名前.comでは有料のサービスです。これを避けて自動更新を中止するための手続きを紹介します。
お名前.comのサイトを利用するためのID、パスワードが有る前提の記事になっています。

ドメイン取得

.spaceドメインのセール中(0円!)でしたので、適当にドメイン取得することにします。
取得したいドメイン文字列をテキストBOXに入力して[検索]

.spaceドメインが取得できる場合は、このまま[選択]します。

[次へ進む]ボタンで、ドメインの購入手続きを進めます。

ログインID/パスワードを入力して[次へ進む]ボタンを押します。

支払い方法を指定して[申込む]ボタンを押します。

手続が進むのを待ちます。

ドメイン取得時の注意点

お申込み完了の画面に遷移します。
このままではwhois情報公開代行、ドメイン期限切れ時の自動更新とも有効になっていいます。
一時利用目的等でドメインの権利更新が不要な方は、ドメイン設定画面に遷移しましょう。

再びログイン用のID/パスワードを求められます。
[ログイン]してください。

ここが注意!

取得したばかりのドメインについて、唐突に更新を求められます。
長期間保有する意思があれば正規の価格を支払ってドメインを更新しても良いです。
そうでない場合は右上のアイコン(バーガーアイコンって呼ぶらしいですw)からメニューを開きましょう。

PC版のお名前.comへ画面遷移させます。

サイトを離れるか?という問いには[このページを離れる]で。

私の場合は、PC版の画面に遷移した直後、レンタルサーバの広告が表示されました。×閉じしましょう。

お名前.comでドメインの自動更新をやめる

右上の[メニュー一覧]にてメニュー一覧を表示。次に[ドメイン自動更新設定]へ遷移します。

自動更新をやめるドメイン(今回は上記で取得した.spaceドメイン)を選択して[確認画面へ進む]ボタンを押します。

自動更新を解除することのリスクが表示されます。
今回は承知のうえで[規約に同意し、上記内容を申し込む]ボタンを押します。

再度、ドメイン失効のリスクが表示されます。
承知のうえで[解除する]ボタンを押します。

続いて、Whois情報公開代行設定を解除する

遷移先の画面で、ドメイン自動更新解除されたことが確認できます。
引き続き、左のメニュー一覧から[Whois情報公開代行設定]の画面に遷移しましょう。

自動更新をやめるドメイン(今回は上記で取得した.spaceドメイン)を選択して
[WHOIS情報公開代行を解除]する内容で[次へ]ボタンを押します。

設定変更内容が[~を解除]となっていることを確認して
[申し込む]ボタンを押します。

WHOIS情報公開代行を解除することのリスクが表示されます。
今回は承知のうえで[解除する]ボタンを押します。

最後に一覧表で確認

左メニュー一覧から[ドメイン自動更新設定]を選択します。
ここでWhois情報公開代行、自動更新とも状況を確認できますので、ともに未設定となっていることを確認しましょう。
これで、無用なサービス料を払わずに済みます。

おつかれさまでした!
「どんな状態をドメイン購入後の初期状態とするか」は各社の考え方が表れるところですが、お名前.comさんは手厚めにサービスを盛って、数年後に問題が生じるリスクを極小化する方針、と理解しました。
初心者や、企業が利用するのに向いている方針かな、と感じました。

同じGMO系列のドメイン管理サービス業社で「ムームードメイン」がありますが、分かって使う人やシンプルなサービスを好む方はこちらの方がしっくりくるのではないか、と思います。