仮想マシン構築のプロセスを紹介する。OSのインストールは別記事。

VMホストのIPアドレス宛に、ブラウザからアクセスする。
ユーザ名rootでログインする。


左のメニューから[仮想マシン]を右クリックする。
現れたメニューから[仮想マシンの作成/登録]を選択する。


[新規仮想マシンの作成]を選択して[次へ]


仮想マシンの名前をつける(画面の例ではCent81)。
他、互換性などは仮想マシンへインストール予定のOS等に合わせて選択する(あとから変更可能)。


このまま[次へ]。


ネットワークアダプタは[接続]のチェックを外す。


CD/DVDメディアには、OSインストール用のISOファイルを指定する。
画面の例ではCentOS8.1用のDVDメディアISOを指定している。以上で[次へ]。


[完了]。


元の画面に戻るので、左メニューから[仮想マシン]を選択。
右画面に構築された仮想マシンが表れるので、右クリックメニューから[パワーオン]を選択する。


パワーオン後、同様の右クリックメニューから[コンソール]→[コンソールを新しいウィンドウで開く]を選択する。


新しいウィンドウで、起動中の仮想マシンコンソール画面を確認できる(画面の例はCentOS8.1のインストール開始画面)。
仮想マシンの操作も、この画面から可能。

おつかれさまでした!
いったん、右クリックメニューから仮想マシンをパワーオフしてもOKです。
OSインストールのプロセスは、別記事で紹介しています。